昭和天皇の87年

「日本が敗戦国となつた時には…」 首相を本気にさせた天皇の一言

第160回 混迷の内外情勢

 日独伊三国同盟が成立した昭和15年9月以降、日米関係は、一気に危険域へと達した。

 同盟締結後の10月12日、米大統領のルーズベルトは「独裁者たちの指示する道を進む意図は毛頭ない」とする強硬な演説を行い、同月30日に蒋介石政権への1億ドル追加支援を発表、12月には対日禁輸品目の範囲を拡大するなど、日本への圧力を強めていく。いわゆるABCD包囲網(※1)が急速に形成されていくのも、この頃である。

 自信家の外相、松岡洋右が同盟締結に踏み切った根底には、欧州で快進撃を続けるドイツとの関係を強化し、ドイツの斡旋(あっせん)により日ソ関係をも修復し、日独伊にソ連も加えた威圧によってアメリカの妥協を引き出すという、したたかな狙いがあった。松岡の目論見は、無残に打ちのめされたといえよう。