偏西風

お客さまは「神様」か 「モンスター」生む不寛容社会

悪質クレーム・迷惑行為の例
悪質クレーム・迷惑行為の例

 2020年東京五輪の開幕まで9カ月を切った。前回東京五輪では、三波春夫さんらの歌う「東京五輪音頭」が大ヒットした。その三波さんといえば、あのおなじみのフレーズが頭に浮かぶ。「お客さまは神様です」。もっとも昨今はこの意味をはき違えた悪質クレームやカスタマーハラスメント(顧客の迷惑行為)が深刻化している。刑事事件に発展する例もあり、社会挙げての対策が必要だ。

 ◆主従関係生まれ

 大阪府警が10月に摘発した事件は卑劣だった。