ルノー、日産の人事案に賛成義務 取締役選任で2社協定 

Messenger

日産自動車の販売店とルノーの販売店に掲げられた看板=埼玉県川口市

日産自動車の販売店とルノーの販売店に掲げられた看板=埼玉県川口市

 前会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)が報酬過少記載事件で逮捕された日産自動車と、筆頭株主であるフランスの自動車大手ルノーとの間に、日産の株主総会で会社側が提案した人事案にルノーが賛成することを義務づけた協定があることが4日、分かった。日産は取締役交代に関してルノーの意向に左右されず、コーポレートガバナンス(企業統治)強化につながる人選を進められることになる。協定にはルノー側に有利な内容もあるとみられるが、日産が4日に社外取締役による委員会を開き、後任会長の選定を本格化させる中、今後の資本関係見直しなどの協議では協定の扱いが鍵を握りそうだ。