経済インサイド

東京五輪中、首都高料金上乗せ案の裏事情

2020東京五輪・パラリンピックでは選手の輸送の主力になるとされる首都高10号の晴海入り口=東京都中央区
2020東京五輪・パラリンピックでは選手の輸送の主力になるとされる首都高10号の晴海入り口=東京都中央区

 2020年東京五輪・パラリンピック期間中に、大会関係者のスムーズな移動を実現させるため、首都高速道路の料金を時間帯によっては、500円から3000円上乗せする「ロードプライシング」導入案が浮上している。すでに東京都、大会組織委員会は、国土交通省、首都高速道路会社に対し、実現に向けた検討を要請した。同制度が実施された場合、多くの車両が首都高を使えず、一般道に流れ込む。大混雑・大渋滞が起きることが懸念され、実施できるのかを疑問視する意見も多い。

苦肉の策

 ロードプライシング案は急に浮上してきた感が強い。東京五輪・パラリンピックの際の選手、大会関係者の円滑な輸送を行っていくことが、運営側に求められるが、昨年まではロードプライシングは主な議論の対象ではなかった。