貿易戦争牽制へ 11日からG20財務相・中銀総裁会議

参院決算委員会で答弁を行う麻生太郎副総理兼財務相=4日午前、国会・参院第1委員会室(春名中撮影)
参院決算委員会で答弁を行う麻生太郎副総理兼財務相=4日午前、国会・参院第1委員会室(春名中撮影)

 20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が11日(日本時間12日午前)、米ワシントンで開幕する。12日までの2日間で、日本が初めて議長国を務める。会議では米中貿易摩擦や英国の欧州連合(EU)離脱問題など世界経済のリスクを検証。貿易摩擦の背景にある経常収支の不均衡の解決や、米グーグルなどの頭文字を取り「GAFA(ガーファ)」と呼ばれるIT大手の課税逃れ防止に向けた「デジタル課税」のルール作りなど、山積する課題に取り組む。

 日本からは麻生太郎財務相と日銀の黒田東彦総裁が出席し、6月の首脳会議(大阪市)や財務相・中銀総裁会議(福岡市)での政策協調に向け道筋をつける。共同声明は出さない。