ハラスメント規制法、禁止規定は見送り 実効性に疑問符も

 パワーハラスメントの防止対策などを企業に義務づける女性活躍・ハラスメント規制法。29日の参院本会議で可決、成立したが、労働者側が求めていたハラスメント行為の禁止規定は盛り込まれなかった。被害者が休職や退職に追い込まれる深刻なケースは後を絶たず、専門家は「法規制自体は一歩前進だが、実効性を担保するためにも罰則は必要」と訴える。