民間ロケット宇宙へ

(2)急拡大する人工衛星ビジネス

アクセルスペースが打ち上げを予定する人工衛星=東京
アクセルスペースが打ち上げを予定する人工衛星=東京

 「人工衛星から高頻度で地上を観測できるようになり、事業は一気に加速する。これからビジネスに人工衛星を使うのが当たり前の時代が訪れる」

 人工衛星ビジネスを手掛ける民間企業「アクセルスペース」(東京)は昨年11月下旬、都内で記者会見を開催。中村友哉代表取締役は、人工衛星の可能性を強調した。

 同社は、独自の衛星を打ち上げ、その観測データやデータを解析して得られる情報を提供する事業「AxelGlobe(アクセルグローブ)」を展開している。この日は今年3月に打ち上げを予定する4機の小型衛星を報道陣に公開した。今後、小型衛星を5機体制に拡充させる計画だ。