パナソニックのマスク発売、先行シャープとは戦略で差別化

 パナソニックが1月から、社内向けに生産していたマスクの一般販売を始めた。国産材料を使って国内の自社工場で生産しており、輸入品と比べると割高ながらも通販サイトにアクセスが集中するなど滑り出しは好調だ。ただ、発売の狙いはあくまで「社会貢献」と強調する。マスクを手掛ける同じ家電メーカーでは、早期参入でブランドイメージを高めたシャープや、業績拡大につなげるアイリスオーヤマと異なる販売戦略を打ち出している。(山本考志)

パナソニックが一般発売した不織布マスク。下部に社名のロゴが刻印されている(同社提供)
パナソニックが一般発売した不織布マスク。下部に社名のロゴが刻印されている(同社提供)

アクセス集中で接続不良

 パナソニックが発売したマスクは不織布の3層構造で、下部に社名のロゴが刻印されている。ウイルスを含むせきやくしゃみの飛沫(ひまつ)を99%カットできるフィルターを採用し、これからシーズンを迎える花粉症や微小粒子状物質「PM2・5」の対策にも使用できる。

 1月12日午前10時から通販サイト「パナソニックストア プラス」で発売したところ、正午ごろにはアクセスが集中して購入ページにつながりにくい状況が発生。サイト内の他のページもつながりにくくなる影響が出た。