「ブラタモリ」関連本が100万部突破 番組と出版社の利害一致で人気

Messenger

(左から)タモリさんと林田理沙アナウンサー(提供写真)

(左から)タモリさんと林田理沙アナウンサー(提供写真)

 出版不況といわれる昨今、NHK総合の紀行番組「ブラタモリ」の公式本(KADOKAWA)が、今秋発売された13、14巻で、シリーズ累計100万部を突破した。人気の理由は潤沢な番組写真と丁寧な編集。番組関連本の出版が続く背景には、テレビ局と出版社の利害の一致がある。(三宅令)