伊藤蘭インタビュー(上)キャンディーズ解散から41年 再び歌う最後のチャンス

41年ぶりで初めてのソロアルバムを発売した伊藤蘭(飯田英男撮影)
41年ぶりで初めてのソロアルバムを発売した伊藤蘭(飯田英男撮影)

 昭和を代表するアイドルグループで、「普通の女の子に戻りたい」と自らの明確な意思で解散したキャンディーズ。メンバーの1人で女優の伊藤蘭(64)が、昭和53年のキャンディーズ解散コンサート以来41年ぶりに歌手に“復帰”。作品を録音し、コンサートを行う。再び歌う理由を聞いた。(聞き手 文化部 石井健)

最後のチャンス

 〈キャンディーズは48年に「あなたに夢中」でデビュー。伊藤、藤村美樹、田中好子の3人組。「年下の男の子」「春一番」「やさしい悪魔」「暑中お見舞い申し上げます」など多数のヒット曲がある。52年、「普通の女の子に戻りたい」と解散宣言。翌53年、「私たちは、幸せでした!」の言葉を残して解散した。伊藤は55年、女優として芸能界に復帰した〉