米中首脳会談で対話枠組み構築か注目 国際金融情報センター顧問  

Messenger

インタビューに応じる加藤隆俊・国際金融情報センター顧問

インタビューに応じる加藤隆俊・国際金融情報センター顧問

 20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)が30日、12月1日の2日間、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで開かれる。国際金融情報センターの加藤隆俊顧問(元財務官)は28日までに産経新聞のインタビューに答え、焦点は「合わせて開かれる米中首脳会談の結論がどうなるかだ」と指摘。両国間の対話の枠組みを構築し、貿易戦争の深刻化を食い止めることが重要との認識を示した。(蕎麦谷里志)

 トランプ米大統領と習近平中国国家主席の首脳会談は、G20後の12月1日に開かれる方向だ。