歯止め利かない日本企業敗訴 解決済みの問題蒸し返しに拍車 徴用工訴訟

Messenger

韓国最高裁の判決を受け万歳する原告ら=29日(AP)

韓国最高裁の判決を受け万歳する原告ら=29日(AP)

 【ソウル=名村隆寛】日本の朝鮮半島統治下で徴用工だったと主張する韓国人男性への賠償を新日鉄住金に命じた先月末の判決以来、初の訴訟の判決であることに加え、今回の三菱重工業を相手取った2件の訴訟のうち1件は女子勤労挺身(ていしん)隊の訴訟の上告審判決でもあり、韓国最高裁の判断は注目された。

 その判決で韓国最高裁は、新日鉄住金に続き三菱重工に対しても同様の原告勝訴の判決を言い渡した。