国際基督教大教授・学務副学長の森本あんり氏「グローバルに活躍するには国語力」

日本の針路 見据えて
Messenger

国際基督教大学(ICU)の森本あんり副学長=東京都三鷹市(寺河内美奈撮影)

国際基督教大学(ICU)の森本あんり副学長=東京都三鷹市(寺河内美奈撮影)

 世の中が一層グローバル化するのは避けられないだろう。こんな時代に活躍できる人材の第一の条件として国語力を挙げたい。英語力ではない。「自分で考える力」は、思考の言語である母語の力である。それを養うのに重要なのは「話すこと」より「書くこと」だ。書くことで思考が整理され、何が分からないのかが判然となり、論理的に物事を組み立てられるようになる。上手にしゃべることも大事だが、グローバルな聴衆は語り手の話し方ではなく、語られる内容に耳を傾けているのだ、ということを肝に銘じてほしい。

 その上で、今後の日本を担う人材には、複数の価値評価の「軸」を併せ持ってほしい。グローバル化に伴い、仕事の成果だけで人の価値を決める「能力主義」が広がっているが、それで社会は幸福にならない。