日産ルノー統合提案 仏メディアも驚き 「観測気球」の可能性も

 【パリ=三井美奈】フランス政府代表団が提案した経営統合は昨年11月のゴーン被告の逮捕前、ルノーや仏政府側で検討されていた。マクロン仏大統領が本音では実現を望んでいることは間違いなく、代表団を通じて日本側に「観測気球」をあげた可能性がある。

 関係筋によると、ゴーン被告は今年初めにルノー、日産の関係永続化に向けた計画を示す予定だった。仏側であがっていた選択肢の一つが経営統合だったという。ゴーン被告は昨年夏、仏紙のインタビューで両社の新たな関係を早期に示すとしたうえで、経営統合の可能性に触れていた。