無策ぶり、逆に示した正恩氏 「年末まで」米に通告した本音

金正恩氏の国務委員長再任を祝う大会で、拍手する朝鮮人民軍の兵士=13日、平壌の金日成広場(共同)
金正恩氏の国務委員長再任を祝う大会で、拍手する朝鮮人民軍の兵士=13日、平壌の金日成広場(共同)

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は12日、国会に当たる最高人民会議で初の施政演説を行った。2月末にハノイで物別れに終わった米朝首脳再会談で、米国が「実現不可能」な案を要求したと批判し、「今年末までは忍耐心を持って米国の勇断を待つ」と通告した。

 3回目の会談の期限を「今年末」に区切ってトランプ米政権に再考を迫ったが、来年までに制裁解除の道筋を描けなければ、経済への打撃が深刻化するとの本音も透けてみえる。