軍事ワールド

米「海軍魂」象徴の武勲艦発見の報も、米海軍は…  

三代目の強襲揚陸艦「ボノム・リシャール」(米海軍提供)
三代目の強襲揚陸艦「ボノム・リシャール」(米海軍提供)

 米海軍の象徴とも言える伝説の帆船、初代ボノム・リシャールが見つかったとのニュースが英国発で世界をめぐり、その真偽が話題となっている。米国の独立戦争で敵船と刺し違えた武勲艦の“行方”は-。(岡田敏彦)

不屈の帆船

 約240年前の1779年9月23日、ボノム・リシャールは英東部フランボロー岬沖で砲撃戦に突入した。米独立戦争のさなか、戦う相手は大英帝国の最新軍艦HMSセラピス。かたやボノム・リシャールはフランスから供与された商船を軍艦へ改造した老朽艦で、明らかに不利な戦いだった。