英国39人遺体、全員がベトナム人と判明 暗躍する密航業者 仏から英渡航は「150万円」 

ロンドン近郊のトラックから39人が遺体で発見された事件で、ハノイの大聖堂では追悼のキャンドルが灯された=Z019年10月27日(ロイター)
ロンドン近郊のトラックから39人が遺体で発見された事件で、ハノイの大聖堂では追悼のキャンドルが灯された=Z019年10月27日(ロイター)

 【バンコク=森浩】英国で大型トラックのコンテナ内から39人の遺体が見つかった事件で英警察当局は5日までに、全員がベトナム人と発表した。ベトナムの貧困地帯から家族を支えるために出稼ぎに向かっていたとみられる。貧困地域から職を求めて欧州を目指す若者と、世界ネットワークで渡航を請け負う密航業者の存在が浮かぶ。

 「彼は特に夢もない人間だ。家族を養う。それだけで英国に向かった」

 犠牲になったとみられる男性、グエン・ディン・ルオンさん(20)の兄、グエン・ディン・オウさんは、産経新聞の取材に胸中を明かした。

 ルオンさんは、高校卒業後にフランスに渡り、レストランでウエイターとして働いていた。「英国に行く」と連絡があったのは10月に入ってから。旅費として“業者”に1万1000ポンド(約150万円)を支払うとも話したという。