介護ロボット導入「離職防止にならない」 横浜の特養に密着 

Messenger

マットレスの下に設置されたセンサーにより、要介護者の状態を把握する「眠りSCAN(スキャン)」=横浜市

マットレスの下に設置されたセンサーにより、要介護者の状態を把握する「眠りSCAN(スキャン)」=横浜市

 「お前は役立たずだ」-。横浜市金沢区の特別養護老人ホーム「ラスール金沢文庫」で、特に負担が重いとされる夜勤の現場を密着取材した。職員の精神的負担を軽減し、離職を防止しようと、同施設は介護ロボットを活用した環境整備に力を入れる。しかし、介護現場から見えてきたのは、切羽詰まる中でも懸命に介護業務と向き合う職員の苦悩と、利用者による日常的な職員への暴力暴言という実態だった。(王美慧)

 10月26日午後6時ごろ。15年以上、介護福祉士をしている60代男性職員は、夕食の準備をしていた。身長は165センチほどで細身。腰の負担を軽くするため、毎日、コルセットを身につけている。リビングで利用者が食事をしている間は、食事の介助や薬の手配、食器の後片付けなど忙しい。

 ■常に気を張って

 「危ないよ。立ったら駄目!」と女性利用者が突然、叫んだ。隣に座る男性利用者が椅子から立ち上がろうとしたためだ。