びっくりサイエンス

本州のヒキガエルが毒餌に 北海道の生態系に影響か

アズマヒキガエル(元北海道大大学院生のエバンゲリア・カジラさん提供)
アズマヒキガエル(元北海道大大学院生のエバンゲリア・カジラさん提供)

 北海道で分布が拡大している本州原産のアズマヒキガエルのオタマジャクシが、道内の両生類には致死的な「毒餌」となることが、北海道大の実験で分かった。北海道では他の地域から人為的に移入された国内外来種に登録され、在来種を捕食しているが、毒餌としても脅威となっている可能性が浮上。研究チームは「自然界での実態を早く調べる必要がある」と警鐘を鳴らしている。

在来種の両生類が食べて中毒死

 アズマヒキガエルはもともと、本州の東日本側を中心に生息していた。体長4~16センチで、背中にある大小のこぶなどからブフォトキシンという毒を含む液体を分泌するため、捕食した動物が死んだり体調を崩したりすることがある。人間が触れた場合も、かぶれたり強い痛みを感じたりすることがある。