優しくて力持ち 油圧で精密に動く災害支援ロボット

びっくりサイエンス
Messenger

東工大の鈴森康一教授らが開発した油圧モーターを用いたロボットハンド。4本の指でテトラポットをつかんで持ち上げる=東京都目黒区の東工大(松田麻希撮影)

東工大の鈴森康一教授らが開発した油圧モーターを用いたロボットハンド。4本の指でテトラポットをつかんで持ち上げる=東京都目黒区の東工大(松田麻希撮影)

 被災地や工事現場など過酷な環境でも壊れにくく、精密に制御できる油圧式のロボット用駆動装置の開発に、東京工業大の鈴森康一教授らの研究チームが成功した。高出力で頑丈な油圧モーターの利点に、電気モーターのような細やかな制御と軽量性を併せ持つ、いいとこ取りの装置だという。実用化に向けて昨年10月に設立した東工大発のベンチャーを通じて受注を開始しており、来月にもサンプルの出荷を開始する。

タフで精密に動く

 油圧式の機械は、ほこりの多い屋外で使うのに適しており、パワーがあるので重いものを運ぶこともできる。しかし従来、パワーショベルのような建設機械やプレス機といった据え置き型の産業機械向けに開発されてきたため、ロボットに使うには大きくて重過ぎる問題があった。