「マイ遺品」…みうらじゅん流終活を単行本化 

Messenger

「収集癖と発表癖」の連載初回で紹介した「海女人形」。日本各地の“海女ゾーン”を旅して集めた

「収集癖と発表癖」の連載初回で紹介した「海女人形」。日本各地の“海女ゾーン”を旅して集めた

 「マイブーム」「ゆるキャラ」の名付け親で知られる作家・イラストレーターのみうらじゅんさん(61)による本紙連載「収集癖と発表癖」が、このほど単行本になった。題して「マイ遺品セレクション」(文芸春秋・1300円+税)。長年収集・発表してきた「自分にとって大切なもの」は結局、「遺族は困るだろうけど、死ぬまで捨てられないマイ遺品」だった-。NO断捨離! NO生前整理! 還暦を過ぎても世の流れに逆らい集め続ける「鉄の意志」と、独自の「終活」について語った。(黒沢綾子)

 もらってもうれしくない土産物「いやげ物」、冬場に関西の旅行代理店前を赤く染めるカニツアーのパンフレット「カニパン」、冷蔵庫に貼りがちな水道工事などの宣伝マグネット「冷マ」、1日に数本しかバスが来ない田舎の時刻表「地獄表」…。