自治体広報誌大ブレイク HYDEさん、コブクロが地元紹介 転売も過熱

 和歌山市の広報誌で、ロックバンド「ラルク・アン・シエル」のボーカルで同市出身のHYDE(ハイド)さん(50)が表紙で紹介され、全国から取り寄せの希望が相次いでいる。これまでも、長崎市でアイドルグループ「欅坂(けやきざか)46」メンバーの長濱(ながはま)ねるさん(20)、宮崎市で男性デュオ「コブクロ」など、ご当地有名人が広報誌の表紙などを飾り、ファンの間で人気を集めてきた。ただ、無料のはずの広報誌がインターネット競売サイトやフリーマーケットアプリで転売される問題も起こり、各自治体は難しい対応を迫られている。(小笠原僚也)

和歌山市の広報誌「市報わかやま」3月号の表紙(和歌山市HPから)
和歌山市の広報誌「市報わかやま」3月号の表紙(和歌山市HPから)

予想外の反響

 「ここまで反響があるとは完全に予想外だった」。和歌山市の担当者は驚く。市は今年1月、HYDEさんが市内で開いたコンサートを機に、初の「ふるさと観光大使」に任命。広報誌「市報わかやま」3月号の表紙にも起用した。