昭和の電車

(3)阪神電鉄3011型 「阪神ルネサンス」勃興

 昭和29年、南海・阪急・阪神に「関西三大新車」と呼ばれたトリオが誕生する。特に阪急と阪神は宿命のライバルで、同時に新車登場ということでファンの間では品定めが喧(かまびす)しかったが、軍配は阪神に上った。阪神3011型には技術陣長年の夢がこの時とばかりてんこ盛り、意欲の程が違っていた。