昭和の電車

(21)近鉄特モ2303号 一躍スターのレクカー

 近鉄大阪線は大阪上本町から奈良の桜井までを大軌(だいき)、それ以東を参急(さんきゅう)(参宮急行電鉄)が敷設、直通用として参急2200系が昭和5年より製造され、宇治山田までの140キロキロ余を2時間台で結ぶこととなる。