昭和の電車

(33)京王帝都電鉄デハ2110型 帝都は遠くなりにケリ

 「ワセダが乗ってもケイオウ電車」と親しまれた京王電軌も、戦中大東急に併合され、戦後分離してからは「京王帝都電鉄」とエラクいかめしい社名になった。分離時に井の頭線が京王に帰属し、その旧社名が帝都電鉄だったからである。