19世紀、世界を驚かせた日本の工芸 超絶技巧の再評価進む

 美術の世界で「超絶技巧」と呼ばれる作品群がある。幕末から明治期にかけて、高い技術をもった職人たちによって作られた「明治工芸」のことだ。1800年代後半に万博で紹介されるとその精密さや精巧さで世界を驚かせた。そして、今、国内でも再評価が進む。見れば見るほど、どうやって作ったんだろう、何を使って作ったんだろうといった興味もわきおこる。そんな細密美の世界をたずねた。

(正木利和)

驚愕の珍果は実は…

 京都・清水寺の参道に小さな美術館がある。2000年に開館した清水三年坂美術館である。

 数年前、初めてこの美術館を訪れたときのこと。ガラスケースのなかの果物に目を奪われた。もぎたてのパイナップルと皮をむいたバナナが並んでいる。まるで本物のように見えたその果物は、実は安藤緑山(あんどうりょくざん、1885~1959年)という牙彫作家が象牙で作った「南国珍果」という作品だったのである。

安藤緑山の「喜座柿」。本物と見まごうばかりの色、質感が見る者を驚かせる
安藤緑山の「喜座柿」。本物と見まごうばかりの色、質感が見る者を驚かせる

 牙彫は動物の牙を彫り込んで作る細工物で、江戸時代の根付けなどが代表的なもの。先日訪問したときには「喜座柿」という真っ赤に熟した柿と、3つのなすびをかたどった「三茄子」というやはり象牙の作品が展示されていた。こまかに見ると柿の実となすの葉に虫食いの跡が…。そこにリアリティーを徹底的に追求する緑山の強いこだわりが感じられる。

 東京・浅草の大谷光利に牙彫を学んだ緑山は作品を巧みに着色し、本物と見まがうほどの果菜や植物を作ったとされる。その腕前は明治天皇も高く評価するほどであったという。

豊富な種類

 緑山作品だけではない。

 この美術館には、ほかにも数々の驚くべき品々が並んでいる。