民間ロケット宇宙へ

(1)人工衛星打ち上げサービス実現へ

 本州最南端・和歌山県串本町で建設が進む日本初の民間ロケット発射場は、早ければ今年夏に施設が完成し、令和3年度中に1号機を打ち上げる見通しになり、いよいよ発射カウントダウンに入った。運営するスペースワン社(東京)では、人工衛星を搭載して打ち上げる民間企業向けサービスを計画しており、2020年代半ばには年間20回の打ち上げを目指す。串本町は将来、世界的に急拡大している宇宙ビジネスの一大拠点となるか-。関係者の注目と期待が集まる。

■   ■

 スペースワン社は、キヤノン電子、IHIエアロスペース、清水建設、日本政策投資銀行という異業種4社が連携して平成30年、国内宇宙産業の競争力強化のため設立。IHIは国産小型ロケット「イプシロン」の開発を手掛けた高い技術力を誇る。