昭和の電車

(48)阪急オートカー2100系 自動運転の第一歩

 前年デビューの京阪2000系の平坦線回生ブレーキの実績を踏まえ、更に進化させた「定速度制御」を搭載したのが阪急の「オートカー」シリーズで「人工頭脳電車」とも呼ばれた。