withコロナ時代の健康相談

第5回:コロナワクチン接種の「益」と「害」、どちらが大きい?

「コロナワクチンの接種が始まりましたが、私の配偶者には薬剤アレルギーがあり、接種に不安があります。また、このワクチンは『遺伝子操作によるものだ』という報道を見ました。接種により体内の遺伝子が変化することはないのでしょうか」(54歳・男性)

 新型コロナウィルス(COVID-19)感染流行を抑える切り札として、ワクチンの接種が始まりました。コロナワクチンの経験とデータは多くありません。今回のファイザー社やモデルナ社のワクチンはmRNAというタンパク質の設計図を入れたもので、新しいタイプのワクチンです。また、通常は10年近くかかる開発が1年足らずで終了したなどで、副作用の不安はあると思います。

命を救い、後遺症から守るワクチンの「益」