歴史シアター

天皇の偽墓か 明石海峡見下ろす巨大前方後円墳の正体

復元された五色塚古墳。前方部のすぐ先には明石海峡が広がる=神戸市西区
復元された五色塚古墳。前方部のすぐ先には明石海峡が広がる=神戸市西区

 瀬戸内海の明石海峡を眼下に望む台地に築かれた4世紀後半の前方後円墳「五色塚(ごしきづか)古墳」(神戸市垂水区五色山)。史跡指定から100年を迎え、その正体が改めて注目を集めている。「日本書紀」には、「神功皇后を迎え撃つため、急死した仲哀天皇の墓を造ると偽り、山陵を造った」との記述があり、その「偽墓」が同古墳とみなされてきたが、どうやら墓自体は「本物」の可能性が高い。葬られているのは、ヤマト王権と深い関わりを持ち、周辺を支配した有力者とみられ、古墳の立地には、ヤマト王権の政治的な意図も垣間見える。 

                          (編集委員 上坂徹)

円筒埴輪ずらり

 五色塚古墳は海岸線に近い段丘上に立地し、全長194メートル、後円部の径が125・5メートルという巨大な前方後円墳。墳丘は3段で築かれ、後円部の高さは18・8メートル、周囲は濠(ほり)がめぐらされていた。

 同古墳からは両側に一対の鰭(ひれ)が付いた円筒埴輪(鰭付円筒埴輪)や口縁部が朝顔の花のように開いている円筒埴輪(朝顔形埴輪)が出土しており、3段の墳丘テラス面には、朝顔形をはさんで円筒埴輪がずらりと並べられていたとみられる。使用された円筒埴輪は約2千200本と推定される。この埴輪の年代観などから、築造時期は4世紀後半と判断されている。

 墳丘の斜面には全面に石が葺(ふ)かれていた。上段と中段の斜面にはほとんどが直径15~30センチの丸い斑糲岩(はんれいがん)が使われており、約223万個、2784トンと推定される。この石は対岸の淡路島北東岸から運ばれてきたとみられる。下段の斜面には直径5~10センチの礫岩(れきがん)が葺かれており、こちらは同古墳周辺で採取されたとみられる。

大和と同じ規格

 こうした古墳の形状や出土した円筒埴輪をめぐって、注目されているのが奈良盆地北部の佐紀古墳群にある佐紀陵山(さきみささぎやま)古墳。宮内庁から垂仁天皇の皇后、日葉酢媛命(ひはすひめのみこと)の陵墓に治定されている前方後円墳で、全長207メートル、築造は五色塚古墳と同時代とされる。両古墳とも墳丘は3段築成で、古墳の形状が非常に似ており、同一規格による設計との指摘もなされている。また、佐紀陵山古墳に隣接する同時代のマエ塚古墳(円墳、径48メートル)から出土した鰭付円筒埴輪は、表面に施された帯状の文様(突帯)の間隔と底部高とが1対2の比率で、五色塚古墳のものと一致している。