衣替えが早すぎた。夏日に迫る「立冬」

浪速風
Messenger

 今日は二十四節気の「立冬(りっとう)」である。「冬の気配が立つ」という暦(こよみ)に追い立てられるように、衣替えをした。衣装ケースから冬物のコートやセーターを半年ぶりに出し、クローゼットやたんすにしまう前に、ベランダで虫干しをする。日差しはかなり傾いたが、今年はこの句がぴったりである。