浪速風

桜より梅。合格祈願も「好文木」に

Messenger

 通勤路になっている公園の梅林で、いつの間にか早咲きの紅梅に白梅が加わった。淡い色彩とほのかな香りが、早春のハーモニーを奏でる。「梅の俳句募集」の看板があり、毎年、応募作品が掲示される。立ち止まって一句ひねる人がいた。「梅一輪 一輪ほどの あたたかさ」(服部嵐雪)