浪速風

記憶に残る「命が危険な寒さ」

Messenger

 8日付の「夕焼けエッセー」は北海道恵庭市からの投稿で、つま先が冷気でしびれるように痛く、お母さんが「足の上に乗りなさい」と温めてくれた幼い頃の思い出だった。「半世紀前の北海道は、今よりもずっと冬の寒さが厳しく感じられた」という佐々木晋さん(57)に、小欄も同感である。