浪速風

「万民の声」の代弁者たる政治家の矜持はあるか

 昭和15年の帝国議会で、衆議院議員の斎藤隆夫は長期化する日中戦争の処理をただし「ただいたずらに聖戦の美名に隠れて、国民的犠牲を閑却し…」と批判した。有名な反軍演説である。斎藤は軍部の猛反発を受け議会を除名された。