浪速風

野村監督流「無視・称賛・非難」は時代遅れか

 阪神時代の野村克也監督は、部下の操縦法を「無視・称賛・非難」と表現していた。そのココロは、ダメな部下は放っておき、自然と成長するのを待つ。そこそこの部下は長所をほめて育てる。できる部下はあえて弱点を指摘し、奮起させる-というものだった