浪速風

聖火リレーの起点「八紘一宇」

 宮崎市の宮崎県立平和台公園にある「平和の塔」は前回の東京五輪で、国内聖火リレーの起点となった場所である。高さ36・4メートルの塔は元々は「八紘之基柱(あめつちのもとはしら)」と呼ばれていた。昭和15(1940)年、初代神武天皇の即位を起点とした皇紀で2600年を奉祝して建設されたものだ。