浪速風

土台が揺らいだままの「ラピート」の記念日

 「電車のイメージを一変させるものを」-。大阪・難波と関西国際空港を結ぶ南海電気鉄道の特急「ラピート」は、こうした意気込みで開発された。「鉄人28号」などの異名を持つ外観は、国際空港の開港に合わせた社運をかけたプロジェクトの高揚感をうかがわせる斬新なデザイン。それだけに車両の外板などは鉄板をたたいていく地道な作業で完成させたという。