浪速風

シュリーマン驚かせた日本人の「精勤ぶり」 東京五輪も好印象残せるか

 ホメロスの叙事詩「イリアス」に書かれた伝説の都市、トロイアを発見したことで知られるハインリヒ・シュリーマンは、発掘6年前の1865年に世界を漫遊した。幕末の日本にも立ち寄り、江戸の街を観光した様子が『シュリーマン旅行記 清国・日本』(講談社学術文庫)に描かれている