浪速風

国会の劣化が目に余った

 伸びたソバも、短編の名手、永井龍男の手にかかるといかにもうまそうな一品となる。「天ぷら蕎麦(そば)はぬるくなっていたが、つゆを吸い込み、のびの来た柔らかな舌ざわりは、そんな時間外れの酒の肴(さかな)として、不思議な味を持っていた」(「そばやまで」)。