浪速風

終わったら何をしよう

 誰もいない東京という嘘のような光景を詰め込んだ写真集がある。平成12年に発表された「TOKYO NOBODY」。写真家の中野正貴さんが、人影が消えた瞬間の街角を10年間にわたり撮りためた。見ていると想像をかき立てられる。みんなどこへ行ってしまったのだろう、と