浪速風

ウイルスと青空

 米航空宇宙局(NASA)によると、この数週間、米国北東部で大気汚染物質の一種である二酸化窒素が約30%減少した。世界各地の都市部で同様の傾向がみられるという。新型コロナウイルス対策のロックダウン(都市封鎖)などで、自動車の利用や火力発電の発電量が減ったからだ。青空が少しクリアになっている