浪速風

関電不祥事、決着への道は遠い

 半分まで水の入ったコップ。「もう半分しかない」と感じるか「まだ半分ある」とみるか。同じ物事でもとらえ方によって、その後の行動が変わることの比喩によく使われる。今さらだが、元役員らによる金品受領問題で信頼を失った関西電力は、事態のとらえ方を切り替えるポイントを見過ごしていたのではないか