浪速風

“コロナ”もいろいろ、誇りをもって

 なんとなく響きが強い気がして「コロナ禍(か)」より「ウイルス禍」という言葉を使う。「禍」とはわざわいのこと。どちらも新型コロナウイルスによってもたらされたさまざまな負の状況を漠然と表現しているが、負の意味があるのは「禍」の方だ