浪速風

“大阪ワクチン”も頑張ってほしい

 必要は発明の母というが、やればできるものだと感心しきりである。世界各国がしのぎを削る新型コロナウイルスのワクチン開発だ。通常は数年かかるといわれてきたのに、既に世界中で人に投与して有効性を確かめる臨床試験(治験)が始まっている。もちろん新たな手法でスピードアップが図られていることも背景にあるだろう