GAFAとカラマーゾフ

 頭文字をとって「GAFA」と呼ばれる米国の巨大IT企業4社が批判を浴びている。通販や会員制交流サイト(SNS)を通じて集めた膨大な個人情報を商売のタネにし、しかももうけ過ぎている、と。各社首脳は議会に呼ばれ、独禁法に触れているのではないかと追及を受けた。