浪速風

終戦の日 魂はこの国にとどまる

75回目の「終戦の日」を迎え、靖国神社には多くの参拝者が訪れた=15日午前、東京都千代田区(川口良介撮影)
75回目の「終戦の日」を迎え、靖国神社には多くの参拝者が訪れた=15日午前、東京都千代田区(川口良介撮影)

 先祖はこの国を離れずに子孫を見守り、お盆には家に帰って交歓する-。民俗学者の柳田国男は「魂の行くえ」という文章でそう書き、自身の感想を述べた。魂になっても生涯の地にとどまると想像することは、自分も日本人だからかとても楽しい、「できるものならば、いつまでもこの国にいたい」。