浪速風

娯楽とは何か

 「ひょっとしたら、人々は、娯楽こそが人生の日常だと、今や疑っていないのではなかろうか」(『知ることより考えること』のうち「娯楽が人生」から)。企業がこれでもかと娯楽を提供する時代に哲学者、池田晶子は痛烈な皮肉を浴びせた。必ずしも楽しいばかりではない日常があるから、娯楽が娯楽であり得るというのである。