浪速風

「エースと4番は育てられない」

阪神からドラフト1位の指名挨拶を受けた佐藤輝明。右は矢野燿大監督(林俊志撮影)
阪神からドラフト1位の指名挨拶を受けた佐藤輝明。右は矢野燿大監督(林俊志撮影)

 プロ野球のスカウティングにスピードガンを導入したのは、木庭教(さとし)氏だと言われている。昭和50年代の広島の黄金期を築いた名選手を数多く発掘した「スカウトの神様」。しかし、平成の初めには「速い球を投げる子が少なくなった」と嘆くようになっていた。ノンフィクション作家、後藤正治氏の『スカウト』(講談社文庫)に記してある