浪速風

新型コロナ 春は来る

 2月の寒さはなお厳しい。だが暦の上ではすでに立春の文字を見た。散歩の道すがら、つい春の気配を探す。ロウバイが柔らかい黄色の花を付けている。手元の歳時記では冬の季語だが、この花を見ると遠からぬ春を感じるのが常である。