浪速風

苦い決断

 それでもなお、海と生きてゆく-と津波被害に遭いながらも気力を振り絞って立ち上がった人たち、漁業関係者が「到底容認できるものではない」と憤るのはよく分かる。東京電力福島第1原発で発生する処理水の海洋放出。あの忌まわしい事故の残滓(ざんし)をわずかずつだが、大切な海に捨て続ける